mull

"直火造り"が生み出す
絶妙な香ばしさと深い味わい

『横濱舶来亭 カレーフレーク』は、小麦粉と良質なラードを高温の直火釜で丹念に焼きあげています。

さらに、フレッシュな果実と香味野菜に20種類以上のスパイスをブレンドしたこだわりのカレーフレークルウです。

エバラ食品 研究所 林利行

製法は大量生産に向いている蒸気釜ではなく、直火釜を使用しています。

その理由はずばり“直火造り”による“おいしさ”へのこだわりです。
ただ、高温の炎で焙煎する直火釜は非常に温度管理が難しく、
機械で完全にコントロールすることができません。

そのため直火釜のそばには、火を絶えず確認する“職人の目”があります。

職人の徹底した温度管理の下、直火で焙煎することで「見えない焦げ」を作りだし、香り高くコク深い味わいを生み出しているのです。
温度管理に加えて大切なのが、素材をブレンドするタイミング。

「横濱舶来亭 カレーフレーク」には数種類のカレーパウダーを使用していますが、100度以上の高温になると香りが半減してしまうため、香りの高いカレーパウダーは温度を低くして最後にブレンドしています。

ブレンドのタイミングは、気温や湿度などの天候にも左右されます。 そこには、長年の経験から培われた職人の業が存在するのです。

また、出来上がったカレーフレークルウはすぐに袋詰めせず、品質が安定し、味の角々しさがとれるまで4日以上熟成させています。

こうした職人の技術と想いを込めて手間を惜しまず、時間をかけ、完成させた逸品、それが「横濱舶来亭 カレーフレーク」です。

原料も厳選し、洋食屋さんに近い贅沢な作り方をしていますので、一度ご家庭で作っていただければ、間違いなく「また食べたいな」と思っていただけるはずです。

TOPに戻る